アメ車購入時に必要になる書類は?

アメ車を購入した後は車の登録をする必要がありますが、登録する際には必要になる書類が山のようにありますので、早めに準備をしておきましょう。
まず市役所関連の施設で用意をしないといけない書類が、印鑑証明書と住民票です。
自分の現住所がある市区町村の役所でそれぞれもらう必要が有りますが、印鑑証明書の場合は、事前登録が必要な為、事前に登録を済ませておきます。

ただし登録に有効となる印鑑証明書は、発行後3ヶ月以内の物ですので注意が必要です。
計画的に書類申請をして、必要なタイミングで手元に用意しておきましょう。
また住民票の場合は、自動車検査証に記載されている住所と現住所が異なる場合にのみ必要ですので、必ず用意しないと行けないものではありません。

次に、自動車検査証や自賠責保険証明書、車庫証明書などの、車に関係した各種書類です。
これらは購入した車販売ショップによっては、代行手数料などを支払うことで登録や申請を代わりに行ってくれる場合もありますので、面倒な場合は依頼してしまうのも1つに手と言えます。
また、自動車納税証明書など、税金にまつわる証明書が必要となる場合もありますので、車の所有者である場合は必ず持参をしましょう。

登録や抹消の手続きを依頼する場合は、実印を押した委任状が必要になりますので、こちらはその場で記入を求められる可能性があります。
実印を持参し、内容に問題が無いか確認をした上で、依頼するようにしましょう。

手続きをする流れ

必要な書類を用意したら、手続きを行います。
基本的には書類を用意さえすれば、あとは業者にお任せでOKですが、現地で書き直しや印鑑を押すタイミングもありますので、最低限実印を持参しましょう。

書類記入の項目はわかりにくい部分もありますので、自己判断で記入するのは危険です。
分からない部分は自己判断をせずに、素直に担当者に聞きながら記入をしていきましょう。
確認をせずに記入した場合、ミスをしていたら最初から書類を書き直さないといけない場合が多いので、十分注意が必要です。

落ち着いて記入をすればそこまで難しい事は書かれていませんので、問題なく記入出来るでしょう。
記入ミス、記入漏れが無いよう、1つ1つ確認しながら記入する事が大切です。