エンジンオイルって何?

エンジンオイルとは、車のエンジンをスムーズに動かすために活用されるオイルの事です。
エンジンオイルは定期的にメンテナンス、チェックを行わないと、エンジンの致命的な故障に繋がる恐れがありますので、最低限のメンテナンスを行うように心がけましょう。

点検をする頻度は車に乗っている頻度によっても異なりますが、チェックそのものは3ヶ月~半年に一回、エンジンオイルの交換は1年に一度を目安に行います。
慣れてしまえば自分でも簡単にメンテナンス出来る部位ですので、メンテナンスを自分でやりたい方は挑戦してみましょう。

エンジンオイルをチェックしよう!

まず最低限行いたい点検としてあげられるのが、エンジンオイルチェックです。
エンジンオイルは車を使う度にどんどん不純物が蓄積してきますので、オイルの汚れ具合をチェックして、交換するタイミングを見極めます。
エンジンオイルチェックは、オイルレベルゲージの部分を引き抜いて、エンジンオイルの量がどの位あるのか、エンジンオイルの色はどうなっているか確認することが大切です。

オイルレベルゲージを引き抜くときにはオイルが飛ばないように丁寧に引き抜き、状態を確認しましょう。
オイルがドロッと黒くなってくると交換時ですので、オイルの状態を定期的にチェックしてください。
オイルの量が減っている時には補充の必要がありますので、量もきちんと確認します。

オイル交換をやる方法は?

オイル交換をする際には、専用の道具を利用する必要があります。
まず車を持ち上げてドレンボルトを外したら、オイルを抜いて交換するという流れになりますが、慣れていないと非常に難しいでしょう。
オイル交換は業者に依頼すれば簡単に行って貰えますので、メンテナンス慣れしていないのであれば、無理せず行わず大丈夫です。

エンジンオイルチェックを定期的に行い、エンジンオイルの状態を把握しておくことで、エンジントラブルを防ぐことが出来ます。
オイルが汚れれば汚れるほど、エンジンの故障、マフラーの故障などの致命的ダメージに繋がる恐れがありますので、早めに交換することが大切です。
特に頻繁に車に乗っている方は、エンジンオイルが汚れやすくなっていますので、ある程度頻繁にエンジンオイルチェックを行いましょう。

走行中に明らかに車のパワーが落ちたと感じるときや、燃費がいつもより悪くなったと感じる場合は、エンジンオイルをチェックする絶好のタイミングです。
エンジンオイルの汚れが原因でこうした事態は起きやすいので、きちんと確認をしましょう。