イメージ先行が大きな原因

アメリカ車が日本で売れにくい大きな原因としてあげられるのが、悪いイメージが先行しているという所です。
国産車に比べると値段が高く、国産車に比べると燃費が悪い、国産車に比べると壊れやすいなどのネガティブなイメージが定着しており、その結果、アメリカ車がなかなか買われない事態に陥っています。

車種によっても異なりますが、実際に所アメ車はイメージで先行しているほど、悪い物ではありません。
それどころか車によっては国産よりもパワーや燃費に優れているタイプも多く、近年ではアメ車を積極的に購入するドライバーも少なく無いのです。
相性が合う車さえ見付かれば、ずっとその車にハマってしまうと言うオーナーも多く、マニア率が高い車としても知られています。

左ハンドルが不便

日本車と違いアメリカ車のほとんどは、右ハンドルでは無く左ハンドルです。
左ハンドルは日本で乗る上で不便に感じるシーンが多い事も、アメ車が不人気の理由の1つと言えるでしょう。
>>右ハンドルと左ハンドルの意外な歴史

例えば高速道路の料金所やドライブスルーなどが、使いにくいシーンの代表例です。
大抵こうしたスポットは右ハンドル向けに作られていますので、左ハンドルのアメ車の場合、一度車から降りざるを得ない状況も多いでしょう。

近年では高速道路のETC化等に伴い、不便を感じる部分が少なくなりつつありますが、まだまだ左ハンドルですと日本では過ごしにくいシーンが多くあります。
その為日常生活で車に乗る機会が多い方ほど、アメ車を軽減する傾向にあるのです。

パワーが一級品の車が多い

アメ車は日本製の車に比べるとパワーが強い車が多く、加速力が桁違いというタイプが少なくありません。
この部分はアメ車の魅力でもありますが、同時にマイナスポイントになっていることも多いのが、アメ車が避けられる理由になっています。

車によっても異なりますが、パワーが強い分微妙はスピードの調整がしづらく、日本製の車と同じ感覚で運転した結果、簡単に速度オーバーになるケースが少なくありません。
元々アメ車の多くはハイウェイをストレスフリーで走れるように作られていますので、こうした加速力が強い車が多いのです。
高速道路などで走るにはピッタリですが、日常生活で不便を感じることも多いことが、アメ車が避けられる理由の1つと言えるでしょう。