洗車はどのくらいでするべき?

車を常にピカピカにしておきたいと、毎日のように車を磨いているような方もいますが、そこまで頻繁に洗車を行わずとも、最低1ヶ月に一度行うようにすれば十分です。
1ヶ月に一度程度行う事で、表面の汚れを落としてピカピカに見せるだけでは無く、汚れの蓄積による車のダメージを防ぎます。

もちろん、洗車をする頻度は車の汚れ具合によっても異なりますので、状況に合わせて行う事が大切です。
1ヶ月以内でも汚れが付きすぎている場合は洗車をした方が良いですし、1ヶ月を超えたからと言って、絶対に洗車をしないと車が傷むということでもありません。
最低1ヶ月に一回が理想ですが、生活の状態などによって無理ない範囲でメンテナンスすることが大切です。

洗車をする際のポイント

自分で洗車をする際に注意をしたいのが、洗車に利用するアイテムと、アイテムの使い方です。
洗車をする際には洗車専用の洗剤を使うなど、専用のアイテムを利用しないと、塗装が剥げるなどの原因に繋がります。
汚れが強くこびりついていてもゴシゴシとこそぎ落とすことが無いように、汚れを浮かすように丁寧に洗いましょう。
>>初心者でも簡単!手洗い洗車の手順とポイント

また洗車をした後は大量に水を流して、洗剤が残らないようにします。
洗剤が少しでも残っていると車のダメージに繋がりますので、洗車をしたら必ず水をしっかりと流して、乾いたクロスなどで優しく水分をふき取ることが大切です。
塗れたまま自然乾燥でも車がダメージを負いやすいため注意しましょう。

あまりにも傷やサビが酷くなっている場合は、無理せず出来るだけ早く修理業者に修理に出すことをおすすめします。
そのまま放置すると塗装が剥げて腐食する恐れがあり、車に致命的なダメージを与える可能性が高いでしょう。
自分で洗車をすることで、普段目に付かないような細かな部分をチェックしやすいですので、しっかり確認しながら洗車をするのがおすすめです。

洗車時の注意

洗車を洗車機などのマシンで行う際には、車との相性が良いかどうか、デリケートな塗装で作られていないか事前に確認します。
洗車機との相性が悪かったことが原因で車が細かい傷だらけになってしまい、結果として腐食を早める原因に繋がる恐れがあるでしょう。
何の為に洗車をしているのかわからなくなってしまいますので、十分確認することが大切です。

また洗車中に傷やサビを見つけた場合は、そのまま放置せずに出来るだけ早い段階で修理に出すべきでしょう。
放置すればするほど車が致命的なダメージを負ってしまい、車に乗れなくなる恐れがあります。